適性試験 適性試験は就職採用試験などの時に主に実施されていますが、どの程度の試験なのでしょうか?適性試験で一番有名なものとしては、SPIと呼ばれているものではないでしょうか。能力適性検査と性格適性検査があるのですが、能力適性検査の方では言語能力検査として国語力を見ますし、非言語適性検査では数学力を見ます。性格適性検査の方は1と2にわけられているのです。 採用試験などで実施されている適性検査というのは、筆記試験や一般常識試験に比べれば何度も高くないでしょうが、他の人との差があまり明確さに欠ける試験ですので、確実に一問一問解答しなければダメです。 適性試験については、インターネット上の就職情報サイトや転職活動サイトなどに、どんなことを学習すればいいのか等が掲載されていると思うのでそちらを見て対策を立てることもできますし、それ以外にも、書店などでも、適性試験対策のための本が販売されていますから、そちらを購入し事前に練習を兼ねて勉強をしておくのがいいかもしれませんよ。 就職や転職で適性試験が行われる場合には、筆記試験に合格した人、書類選考に通った人など一定の条件をクリアした人がうける事が多いとされています。適性試験後に面接が行われる事も少なくないはずですー